会社設立時の資本金はどう決める?ポイントをわかりやすく解説 / 税理士法人オンポイント

税理士法人オンポイント > 会社設立・創業支援 > 会社設立時の資本金はどう決める?ポイントをわかりやすく解説

会社設立時の資本金はどう決める?ポイントをわかりやすく解説

会社法では法人設立時に出資を受けた金額のうち、50%以上を資本金としなければならないと定められていますが、資本金という言葉を聞いて、その意味を正しくイメージできる方がどれほどいらっしゃるでしょうか。

 

本稿では、資本金とは何なのか、会社設立時の資本金の額はどのように決めればよいのかについて、ポイントをわかりやすく解説します。

 

 

資本金について

 

資本金とは、会社が有している返済不要の自己資金のことであり、株主の出資金額の一部、あるいは会社の規模等をあらわすものです。

以前は、会社設立時の資本金は1000万円以上でなければなりませんでしたが、2006年以降は下限がなくなり、資本金1円でも会社の設立が可能となりました。

 

 

会社設立時の資本金を決める際のポイント

 

資本金が会社の規模をあらわすのであれば、その金額は可能な限り多く設定した方が良いのではないかと考えるかも知れません。

あるいは1円で構わないのであればわざわざ大きな金額にせずミニマムで設立した方が今の時代に合っているのではないか、という考え方もあるでしょう。

資本金額の設定にはいくつかの注意点がありますので、簡単にご紹介します。

 

資本金の額を大きく設定しようとする場合の注意点

 

①消費税の免税

設立時の資本金を1000万円未満に設定すると、最大2年間、消費税の納税義務が免除されます。

ただし202310月以降、インボイス制度が開始した影響で、この免税によるメリットは限定的になってしまっています。

 

②法人住民税均等割

法人を1年間維持すると、所在地の都道府県及び市町村に「均等割」という定額の税金を納めなければなりません。

赤字であってもかかってしまう税金で、法人の最低維持費ともいえるものですが、この均等割の税額は資本の額を基準に決まります(加えて従業員の数も加味されますがここでは省略します)。

 

例えば東京都では、資本金1000万円以下では年間7万円、1000万円を超え5億円以下で年間18万円、以降資本金の額が増えるにつれて年間121万円まで段階的に増額されます。

 

③各種税制優遇

法人税法には小規模事業者に対する優遇税制がいくつもあるのですが、その多くが資本金の額を基準に対象法人を規定しています。

資本金1000万円以下、3000万円以下、1億円以下など、それぞれの制度によって対象とする資本金額は異なりますが、資本金額が増えるにつれて適用できる優遇税制は減っていく傾向にあります。

 

④法人設立時の登録免許税の金額

法人を設立する際にかかる法定費用のうち登録免許税は、資本金の額に伴って増加します。

例えば株式会社の場合、資本金の額の0.7%(最低15万円)、合同会社の場合は資本金の額の0.7%(最低6万円)が必要となります。

 

資本金の額を小さく設定しようとする場合の注意点

①金融機関の印象

資本金の額は法人の規模をあらわすという一面があるというお話をしましたが、同様の理由で少なすぎる資本金が法人の信用を損なってしまう場合があります。

通常、法人設立後は速やかに法人名義の預金口座を開設する必要がありますが、法人名義の口座開設については年々審査が厳しくなっている印象を受けます。

はっきりと資本金の額が理由だと言われることはありませんが、それが原因の一つとなって口座開設に苦労しているのではないかと感じたことがありました。

また、創業融資を受ける際には資本金は自己資金の主たる部分となりますので、この金額が小さすぎることが、準備不足、計画性の欠如といった印象を与え、融資申し込みの足かせになってしまうケースもあります。

 

②取引先の印象

金融機関への印象とほぼ同じ内容です。

法人設立前から取引やお付き合いのある取引先であれば問題になることはあまりありませんが、新規の営業をかける場合や、取引先の法人の規模が大きく社内規定がある場合など、ある程度の資本金の額が必要になるケースもあるでしょう。

 

③許認可を受ける際の最低資本金額

建設業や派遣業など、許認可が必要な業種の一部では、資本金の最低金額が定められており、その金額以上の資本金がないと許認可を受けることができない場合があります。

例えば建設業であれば500万円以上、労働者派遣業であれば2000万円×事業所数以上の資本金が必要です。

 

 

法人設立・創業支援ついて、税理士法人オンポイントまでご相談ください

 

税理士法人オンポイントでは、法人設立・創業融資等の創業支援について個々の状況に応じて細かく多角的にサポートしてまいります。

法人設立にあたってお困りの際には、一度当税理士法人までご相談ください。

Basic Knowledge基礎知識

  • 認定経営革新等支援機関制...

    中小企業を取り巻く経営環境は日々変化しています。今までうまくいっていた方法がいつまでも同じように通用するとは限りません。...

  • 自分で事業計画書を作成す...

    事業計画を作り上げていく際に自分自身で考えるというのは非常に重要な事です。融資の際にも資金繰りなどについて突然質問が来る...

  • 認定経営革新等支援機関制...

    認定経営革新等支援機関制度の対象となる分野は多岐にわたります。農業や漁業といった一次産業から建築、製造、情報通信、医療福...

  • 記帳代行業務について

    記帳代行とは、毎日の取引を記入していく記帳の業務を税理士が代行して行っていくことです。記帳代行業務を税理士が行うことによ...

  • 経営革新等支援機関に相談...

    経営革新等認定支援機関制度では様々な機関が認定機関として登録されています。そのためご自身の相談したい内容についての支援を...

  • 融資の種類

    創業するとき、事業を今より大きくするとき、事業が少し行き詰まり資金繰りが苦しくなったとき、金融機関からの借入=融資は大き...

  • 税理士が創業時に支援でき...

    ・創業検討時創業するにあたってその事業に成功可能性がどの程度あるのかというのは最も重要な問題です。しかし、成功への思いだ...

  • 決算報告書(決算書)の作...

    会社では、事業年度という通常1年間の任意の会計年度を設定することになりますが、この会計年度が終了した後は「決算」を行い、...

  • 事業計画策定の重要性

    事業計画と一言で言っても、広告の裏に書き留めたメモ程度のものから、経済指標などのあらゆる数字を盛り込んで詳細に作り上げた...

  • 事業承継の方法、進め方

    事業承継とは事業を他の人に引き継ぐことをいいます。その際に実際に引き継がれるのは、株式等の企業の持ち分だけでなく、経営権...

Search Keywordよく検索されるキーワード

Tax Accountant税理士紹介

わたしたち≪税理士法人オンポイント≫は、顧客満足度の追求を通してつねに事業のあり方をアップデートさせながら、ビジネスパートナーとしての存在価値を高めていきたいと願っています。
刻々と変化する社会情勢に柔軟に対応しつつ、可能な限り高品質なサービスをご提供するとともに、次代を担う若手スタッフの育成にも積極的に取り組んでいます。

たとえ小さな一歩でも、昨日より確実に前へと進んでいること。それこそが、わたしたちのモットーです。

代表税理士
平山 鉄郎(ひらやま てつろう)
所属団体
東京税理士会
初回相談料無料
初回のご相談は無料です。
また、事前予約で夜間、土日祝の対応が可能ですので、お気軽にお問い合わせください。
リモート相談について
コロナウイルスの影響で、なかなか面談に消極的な方も多いのではないかと思います。
そのような状況の中で、弊社ではZOOMやWhereby等を利用したリモートでも無料相談をお受けしております。
また、chatworkを利用してお客様との連絡や資料のやり取りといったコミュニケーションをとっており、お客様にもご好評をいただいております。

Office Overview事務所概要

名称 税理士法人オンポイント
所属 東京税理士会
所属税理士 平山 鉄郎 (ひらやま てつろう)
所在地 〒151-0072 東京都渋谷区幡ヶ谷1-33-1 シティー幡ヶ谷2階
電話番号 / FAX番号 TEL:03-3465-2235 / FAX:03-3465-2370
対応時間 平日:9:00~17:00 ※事前予約で夜間も対応致します。
定休日 土・日・祝 ※事前予約で対応致します。
初回相談 無料

ページトップへ