事業 計画書 収支計画 / 税理士法人税務会計センター

税理士法人税務会計センター > 未分類 > 事業 計画書 収支計画

事業 計画書 収支計画

  • 個人事業主から会社を設立するメリット・デメリット

    サラリーマンへの課税が増えている昨今、独立して事業を始めることを考えておられる方も多いのではないでしょうか。独立すると一言で言ってもビジネスの始め方には複数の方法が存在します。多くの方が起業と言ってイメージされるのは、株式会社のような企業を設立する形ではないでしょうか。しかし、こうした起業の方法には様々なデメリッ...

  • 会社の種類とは

    有限会社は現在の会社法では設立することが出来ませんし、合資会社は既存の企業同士が協力して事業を行う際などに選択されます。よって、いま起業の際に選択されるのは主に株式会社と合同会社の2種類となっているのです。 ・株式会社最も有名な会社の種類と言っても過言ではない株式会社には、株主と呼ばれる出資者が存在します。株を購...

  • 会社設立の流れ

    定款には、会社の名称(商号)や本店所在地、事業の目的や会社の機関設計などを綿密に記述します。特に、株主総会に関することなどについて記載する相対的記載事項というものは、定款に明記しておかなければ法的効力を発揮しないため、書き損じなどがないように十分注意する必要があります。また、作成した定款は公証人役場にて認証を受け...

  • 日本政策金融公庫とは

    こうした好条件の下で資金調達を行うことによって、返済にかかる負担が減り、事業継続性も高まっていきます。創業時の悩みの種である資金調達の問題を解決する方法として、日本政策金融公庫をはじめとした政策金融機関の活用をご検討ください。 税理士法人税務会計センターは、東京都渋谷区・新宿区・中野区・世田谷区を中心に神奈川県や...

  • 税理士が創業時に支援できること

    会社を運営していくためには資金が必要不可欠であり、創業して間もない段階というのは事業も軌道に乗っておらず、資金不足に陥りがちです。この段階で適切な対応策を講じ、資金調達ができなければ自転車操業となってしまい、倒産リスクが大きく高まります。 それを防ぐ力が税理士にはあるのです。日本政策金融公庫による新創業融資制度や...

  • 認定経営革新等支援機関制度とは

    事業を営む経営者は事業に関する専門性が高かったとしても経営が同じように行くとは限りません。そうした場合には信頼できる相手に相談していくというのが一つの解決方法になります。 しかし、世の中には多くの相談先があります。信頼できる相談先を見つけるのにも大きな手間がかかってしまい経営に影響を及ぼしかねません。そのため一定...

  • 経営革新等支援機関に相談できること

    主に相談可能な内容としては創業支援や事業計画の作成、経営改善、事業承継、M&A等々多岐にわたります。 相談については国による公的な認定を受けた機関であるため信頼感のある支援を受けることができます。現在では中小企業も様々な経営課題に直面します。相談を行うことによって現在の状況にあわせて適切な支援を受けることが可能で...

  • 経営力強化保証制度について

    具体的には認定経営革新等支援機関や金融機関などが連携し事業計画の作成や資金調達などを行っていくことによって経営の再建を図っていきます。 この制度を利用することで経営再建の際の信用保証料が0.2%減免されるというメリットも存在しています。これにより通常よりも負担を抑えながら確実に経営の再建を行っていくことのできる制...

  • 認定経営革新等支援機関制度の対象となる分野

    これらの支援機関は経験や知識を認められているため、これによりほとんどの事業について適切な相談相手を見つけだし状況を改善していくことが可能になるのです。 相談可能な内容としては創業支援やM&A、事業承継、経営改善などがあります。このように多くの事業について様々な機関が多様な相談内容に対して対応しています。経営者には...

  • 事業計画策定の重要性

    事業計画を立てることは経営を行っていく上で必須の行為であるといえるでしょう。事業計画策定は今後の経営の落とし穴や視点を見つけ出す、目標を設定し従業員や経営者の士気を挙げていくということ以外にも大きな意味を持っています。特に大きな意味を持つのは資金面についてでしょう。融資を受ける場合などにはこの事業計画が必須です。...

  • 融資が成功する事業計画書とは

    融資を成功させる際に重要になるのが事業計画書です。金融機関は融資に際して多額の資金を拠出するため確実な返済が今後見込めるかという意味で資金面をしっかりと練りこんだ事業計画書が策定されているかをチェックしてきます。そのため事業計画書をうまく作成することで融資を成功に導くことができると考えることもできるのです。 融資...

  • 自分で事業計画書を作成するデメリット

    事業計画を作り上げていく際に自分自身で考えるというのは非常に重要な事です。融資の際にも資金繰りなどについて突然質問が来るといった事もあるためある程度の理解は行ってなくてはなりません。一方で事業計画書を1から自分で作成するというのも多くのデメリットがあるためおすすめとは言えません。 最も大きなデメリットとしては事業...

  • 事業計画書作成支援を税理士に依頼するメリット

    事業計画書を作成する際にデメリットの多い自分での作成ではなく税理士に依頼するという方法があります。これには単に代行してもらえる以上のメリットが存在しています。 例えば融資の成功率が上がる事業計画書の作成を行えるというのは大きなメリットの一つです。事業計画書は客観性をもって相手に事業のビジョンを伝えるものであるため...

  • 顧問税理士のメリット

    顧問税理士とは、法人や個人事業主の税務に関する相談や決算代行、税務書類作成代行などの税務に関する手続きをお手伝いさせていただくことや、節税対策などの情報共有を出来る「ビジネスパートナー」としての役割を果たします。顧問税理士を置くメリットは次のようなものが挙げられます。 ・決算書類等の書類を顧問税理士が作成してくれ...

  • 税務申告の必要性について

    法人や個人事業主、一部のサラリーマンの方でも、毎年確定申告や決算申告を行うことになりますが、税務申告は確実に行う必要があります。法人や個人事業主は、税務申告をすることによって、一年間の所得税や法人税を計算し納めることになり、仮に税務申告を行わない場合には、脱税となって税務調査の後に追徴課税を課され、悪質な場合には...

  • 資金調達計画の立案の仕方について

    法人は、事業を維持し事業を拡大するために、資金調達を行うことが多くあります。その際には、資金調達計画を立案することになりますが、立案の仕方は次の通りです。 ・資金をどのくらい必要としているのかを把握する資金調達をするためには、いくら必要なのかをまず把握する必要があります。どの用途でどのくらいの資金が必要なのかをま...

  • 事業承継の準備に必要な準備とは

    法人は一代で終わることはあまりなく、事業を承継することによって長い間お客様にサービスを提供することが出来ます。しかし、事業承継の方法を誤ってしまうと、事業を承継された方への負担が大きくなり、最終的には事業をたたまざるを得ない状況になることも考えられます。そのようなことが起きないよう、前もって必要な準備・対策を講じ...

Basic Knowledge基礎知識

  • 個人事業主から会社を設立...

    大企業のサラリーマンといえども安定した雇用が約束されているとは言い難い昨今、独立して事業を始めることを考えておられる方も...

  • 節税対策の注意点

    法人では節税対策を行うことによって、法人で使える資金が増えるメリットが挙げられます。しかし、節税をすればするほどよいので...

  • 自分で事業計画書を作成す...

    事業計画を作り上げていく際に自分自身で考えるというのは非常に重要な事です。融資の際にも資金繰りなどについて突然質問が来る...

  • 融資が成功する事業計画書...

    融資を成功させる際に重要になるのが事業計画書です。金融機関は融資に際して多額の資金を拠出するため、確実な返済が見込めるか...

  • 事業計画策定の重要性

    事業計画と一言で言っても、広告の裏に書き留めたメモ程度のものから、経済指標などのあらゆる数字を盛り込んで詳細に作り上げた...

  • 事業承継のやり方、手続き...

    事業承継には、3つのパターンがあります。「親族内事業承継」、「親族外事業承継」、「M&Aによる事業承継」の3つで...

  • 決算報告書(決算書)の作...

    会社では、事業年度という通常1年間の任意の会計年度を設定することになりますが、この会計年度が終了した後は「決算」を行い、...

  • 認定経営革新等支援機関制...

    認定経営革新等支援機関制度の対象となる分野は多岐にわたります。農業や漁業といった一次産業から建築、製造、情報通信、医療福...

  • 渋谷区の会社設立は当事務...

    会社設立の動機や背景、株式会社、合同会社等の法人組織の形態に関わらず、会社設立はおおむね次のような法定の手続きが必要です...

  • 会社設立の流れ

    会社を設立する場合、まずは理想とする組織図や経営方針などを定めます。そのうえで、最も自身の理想に合致した会社の種類を選択...

Search Keywordよく検索されるキーワード

Tax Accountant税理士紹介

わたしたち≪税理士法人税務会計センター≫は、顧客満足度の追求を通してつねに事業のあり方をアップデートさせながら、ビジネスパートナーとしての存在価値を高めていきたいと願っています。
刻々と変化する社会情勢に柔軟に対応しつつ、可能な限り高品質なサービスをご提供するとともに、次代を担う若手スタッフの育成にも積極的に取り組んでいます。

たとえ小さな一歩でも、昨日より確実に前へと進んでいること。それこそが、わたしたちのモットーです。

代表税理士
平山 鉄郎(ひらやま てつろう)
所属団体
東京税理士会
初回相談料無料
初回のご相談は無料です。
また、事前予約で夜間、土日祝の対応が可能ですので、お気軽にお問い合わせください。
リモート相談について
コロナウイルスの影響で、なかなか面談に消極的な方も多いのではないかと思います。
そのような状況の中で、弊社ではZOOMやWhereby等を利用したリモートでも無料相談をお受けしております。
また、chatworkを利用してお客様との連絡や資料のやり取りといったコミュニケーションをとっており、お客様にもご好評をいただいております。

Office Overview事務所概要

名称 税理士法人税務会計センター
所属 東京税理士会
所属税理士 平山 鉄郎 (ひらやま てつろう)
所在地 〒151-0072 東京都渋谷区幡ヶ谷1-33-1 シティー幡ヶ谷2階
電話番号 / FAX番号 TEL:03-3465-2235 / FAX:03-3465-2370
対応時間 平日:9:00~17:00 ※事前予約で夜間も対応致します。
定休日 土・日・祝 ※事前予約で対応致します。
初回相談 無料

ページトップへ